接客マナーを研修すればお店の売上にも影響する

  1. ホーム
  2. 情報収集から計画立案まで

情報収集から計画立案まで

レディ

旅行代理店の賢い利用法

多くの企業では社員の福利厚生を目的として定期的に社員旅行を実施しており、中には研修目的で行われる社員旅行もあります。特に福利厚生のための社員旅行では、社内アンケート等を実施して行き先や趣向に関する希望を事前に調査することが欠かせません。その上で綿密な計画を立てることにより、予算の範囲内で限られた日程の中でも充実した社員旅行が実現されるのです。幹事の役割を任された人は、社員旅行の計画立案から旅行代理店との交渉・手続きに至るまでをこなさなければなりません。もちろん旅行当日も幹事としてのさまざまな役目が待っていますが、最も重要な任務は計画立案にあります。計画に先立っては社員の要望と実際の旅行とをマッチングさせるために欠かせない情報をできるだけ多く収集することも必要です。現在ではインターネットを上手に活用することで、旅行代理店の選定から旅行先に関する情報収集まで手軽に実施できるようになりました。必要な情報が集まったら社員の要望に基いて旅行のテーマを決定し、大まかな予算や参加人数・日程を算出します。事前に社員旅行のテーマを明確にしておけば行き先や趣向も選びやすくなりますので、計画の実現に向けた旅行代理店との協議でも主導権を握ることができます。日程や予算といった制約を考慮しつつ、その範囲内で最大限に社員の要望を実現できるような旅行のプログラムを旅行代理店が提示してくれるのです。パンフレット等の資料を検討しながら社員旅行のコースを決め、温泉や宴会・グルメ・ショッピングなどの趣向を考えるのは責任も伴う作業となります。社員旅行の成功は計画の良し悪しに大きく関わってきますが、旅行代理店の担当者と随時コミュニケーションを取りながら計画を進めれば作業も楽になるものです。旅行に関する知識やノウハウを豊富に持つ代理店をうまく活用することで、社員同士の交流が深まるような楽しい社員旅行が実現できるのです。